導入から納品まで

金属プレス加工において、当社が主に取り扱う製品は複雑な形状、低コスト、高品質、そして短納期といった付加価値が市場から求められています。 当社はそんなお客様にお応えする製品を提供するため、金型の設計・製作・プレス加工での設計・生産までをすべて一貫して行うことで日々変化していくお客様のニーズに対応すべく高い成形品質を可能にします。





一貫性の流れ

1.仕様検討・策定段階(ご相談・お打合せ)

お客様の仕様やご要望についてお伺いします。 少しでも疑問な点やご心配な点があれば遠慮なくお伝えください。 「これできる?」「この日に間に合う?」「この予算で収まる?」にお応えします!

2.設計段階(技術開発・工程設計・金型設計・設備設計)

金型製造からプレス加工まで一貫して対応し、安定した物をより早く提供するため、 「金型設計・製作技術・作業工程の最適化」を常に確認しながら、「こんな物が欲しい」を形にできるよう設計に取り組んでいます。

3.量産段階(生産計画・プレス・2次加工・品質管理・納品)

作業者の教育・機械の管理等、4M変化に適切な処理を実施するため品質マネジメントシステムを構築しており、良い物を安定して提供できるよう、社員一丸となって取り組んでおります。試作・小ロット・量産までお客様に合せた計画、納期を実現します。





金型の設計・製作からプレス加工、さらに組立まで

金型の設計・製作からプレス加工、さらに組立まで一貫した社内体制を構築しておりますので、お客様の様々なご要望に柔軟に対応でき、取付金具、固定金具、ハネなどの部品も製造できます。

複雑な形状、高精度な取付金具

順送プログレ工程を用いて複雑な形状・精密な寸法精度に対応し、長年の経験に基づいて金型設計の段階からタブ先端の形状や箱曲げ形状のご提案等をしながら、より良い製品作りに努めております。

精度が高い深絞り加工された固定金具

プレス加工でもっとも難しいとされるのが深絞り加工です。金型・機械・加工条件などのバランスがうまくかみ合うからこそ、シワやひずみ・割れの無い深絞り加工ができます。

ロボットを駆使した合理化

金属加工をメインに事業を展開しており、優れた設計と生産の相乗効果により、「精度」「短納期」「高品質」「低コスト」「小ロット」など、お客様からの多岐に渡るご要望にお応えします。





個流しの生産体制だから品質とコストに自信あり

1個流し体制、セル生産方式により、中間仕掛(品)在庫削減を実現するとともに、「一個流し生産」の特性を生かして、現場力の強化、品質向上を進めています。この1個流し生産を行うためには、製品の形状に合わせた設備、設備を配置するレイアウトを自社内で製作、工夫を行うことでリードタイムの短縮化、コスト削減を効率的に行っています。

  1. 工程、加工法、形状に合わせミニ設備、治具を自社設計、製作
  2. 加工手順に応じて、移動の少ない設備を配置
  3. 作業者が効率を上げるために、レイアウト、治具を工夫
  4. 認定された1人の作業者が組立から最終検査を行い、品質に自信ある製品を供給

各種ファンモーター及び送風機の製造

  • お客様のニーズに合わせた細かな設計をいたします。
  • オリジナルモーターを基本としたカスタムメイド製モーター。
  • モーター及び周囲部品、送風機等の組立製品の製造。
  • 海外企業との連携により、コストメリット対応も可能にしております。
  • モーター出力:5W〜600W(ファンモーター)程度まで対応可。
代替モーター送風機ユニット 各種換気扇


お問合せ